『男はつらいよ』の寅さんの名言書です。

 

213

 

寅さんらしい言葉ですね。

人間というのは、どこかしらに寂しさを抱えて生きているような気がします。

 

生きていく人生の中で、さよならを言わなきゃいけない数の方が、出会いの数よりも

多い気がします。

無性に孤独を感じる瞬間もあったりします。

 

そんな時に、力強く肩を組みながら言ってくれてるような、

一人じゃないんだと気づかせてくれるあったかい名言ですね。