作詞、作曲、松任谷由実の『春よ来い』の歌詞です。

 

23232

 

春という暖かい季節の中に、切ない恋愛のフレーズが胸にぐっとくる歌詞ですね。

 

『瞼閉じればそこに、愛をくれし君の懐かしい声がする』

 

青春時代の切ない恋心が想い起こされたり、

会いたくても会えなくなってしまった人の事を思い出したり、

大好きだった人の声を思い出したりしますよね。

 

誰しもが、瞼を閉じれば、懐かしい声がしてくるのではないでしょうか。

時には、瞼を閉じて、懐かしい声に耳を傾けてみるのもいいですね。