『世界一貧しい大統領』として有名な元ウルグアイのムヒカ大統領の名言です

 

32323

 

ムヒカ大統領は、地位に見合わず、非常につつましやかな生活を送っている大統領であり、

資産の80%を寄付し、20万円ほどの1987年型フォルクスワーゲン・ビートルのみ所有し、郊外の質素なトタン屋根の住宅に暮らしています。

私は、ムヒカ大統領の人柄と、優しい容姿と考え方にすごく惹かれて大好きな人になりました。

 

そんなムヒカ大統領が来日した際に、日本の子供たちに向けて送ったメッセージです。

子供たちは、子供たちらしく、いっぱい遊んでその瞬間を過ごす事の大切さが伝わるいい名言ですね。

 

大切な人生の時間についても、ムヒカ大統領は名言を残されています。

 

11111111

 

大切な人と会う時間であったり、大好きな人と出かけるための時間であったり、

家族と団らんする時間などを犠牲にして、私たちは働いてお金を稼いでいます。

 

私たちがお金を得るために働いている「時間」はまさにわたしたちの「人生」そのものです。

 

お金も確かに大切ですが、一度しかない自分の人生の時間の使い方を考えさせられる

とても心に響く名言ですね。