熊本で起こった大きな地震による影響で、今もなお、多くの方が被害にあわれ、

非難生活を余儀なくされている状況です。

 

たくさんの家がなぎ倒され、突然、大切な人がいなくなってしまった方がたくさんいます。

悲しみの涙がたくさん流れています。

 

大変な状況に変わりはないのですが、たくさんの自衛隊の方や、

ボランティアの方々の協力により、捜索活動や炊き出しなどが行われています。

 

被害にあわれた熊本の方々には、本当に諦めないでほしい。

 

そして、今もなお、たくさんの行方不明の方がおられます。

救助活動が問題なく行われることを切に願っております。

 

被害にあわれた熊本の方々の事を想い、書かせていただきました。

 

『大丈夫じゃないけど、大丈夫でいてね』

 

何もできないわたしが今、想うことです。

 

何もできないわたしが、自分にできる事を考えて

少しでも思いが伝わることを信じて書きました。

 

12121212

 

きっと、しあわせの涙が流れる日が訪れると信じて、頑張ってほしい。

悲しみの後には、必ず、楽しみが待っています。

 

一日も早い復興を心から願っております。